パソコン 眼精疲労 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

ツボ押しと同時に蒸しタオルも用意

パソコンなどでデスクワークをずっとしていると、目の疲れがどんどん溜まります。目が充血したり、視界が悪くなったりして、疲れ目の症状が出てきます。VDT症候群という言葉も一般的になってきました。

疲れ目を治すための措置として、目の周りにあるツボを押したり、マッサージをしたりしている人もいるはずです。もしツボを押すなどしている人は、併せて蒸しタオルを使うようにするといいでしょう。

疲れ目の時は、目の周りの血行が悪くなっている状態が多いです。ですから温めたタオルを目に当てて少し休めるようにしましょう。目の奥が温まり、疲れを取ってリラックスしてから、ツボを押すようにするといいでしょう。

あらかじめ目を温めて、血行を良くしてからツボを押すと、血行がさらによくなり、疲れ目を効果的に癒すことができます。目頭のくぼみやこめかみの部分にあるツボを優しく押して行けば、疲れ目を改善できるでしょう。

今ではスチームアイパックといった、蒸しタオルと同じ役割を果たす商品も市販されています。蒸しタオルの準備が面倒と感じたら、こういったスチームアイパックを使うといいでしょう。

自宅ならば、顔を蒸しタオルで温めることで、気分も落ち着きますし、肌のケアもすることができます。そしてリンパの流れも考えて、首の根元から肩にかけてマッサージをしてからツボを押せば、やはり疲れ目に大きな効果を発揮します。心と体を落ち着かせる蒸しタオルに加えて、マッサージやツボを押すことで、顔全体が温まってくるのを実感できるはずです。

気をつけたいのは、電子レンジでタオルを温める時です。やけどをしないよう、温めすぎないようにしましょう。うちの600W電子レンジだと30秒程度でホカホカになります。1分だと長すぎかもしれないので注意してください。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ