眼精疲労 ツボ | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

目が疲れた時に効果的なツボ

現代はデスクワークなどで毎日パソコンを使いますから、目を使いすぎてしまい、疲れ目になってしまう人は多くいます。
目薬を使ったり、疲れ目に効果があるとされるブルーベリーなどのサプリメントを飲み続けたりする人もいるでしょう。

しかし、それでも眼精疲労から抜け出せないと考えている人は、すぐに効果が実感できるツボ押しをやってみましょう。



疲れ目に効く3大ツボとして
  • 睛明(せいめい)
  • 風池(ふうち)
  • 客主人(きゃくしゅじん)
があります。

「睛明」は、目頭の内側で鼻と重なっているくぼみにあたるところで、目を閉じた状態で左右両方の睛明をつまむようにして、親指と人差し指を使って優しく押します。ツボを押す時には、目を強くつぶったり、円を描く間隔で押し続けたりすることも同時にやるといいでしょう。違う刺激をツボに与えられますから、疲れ目を癒す効果を実感できます。目が疲れているなら、休ませる感覚で1分程度ツボを押してみましょう。


「風池」は、後頭部の髪の生え際に僧帽筋という筋肉がありますが、その周りに風池はあり、両手の親指でツボを押した後、残りの指で頭を包むように添えます。10秒ほど息を吐きつつツボを押し、息を吸う時にゆっくり指を離します。この流れを10回ほど繰り返すと、疲れ目も癒せ、首のこりも取ることができるでしょう。


「客主人」は、側面の髪の生え際と目じりの延長線上の真ん中あたりにあり、両サイドから顔を挟むように、円を描くような感覚で左右同時に押します。ツボには圧力をかけすぎないようにし、中指を人差し指の上に重ねて押すといいでしょう。ここで挙げた3大ツボに優しく圧力をかけて、疲れ目を癒すようにしましょう。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ