VDT症候群 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

VDT症候群の対策のために

VDT症候群とは、テクノストレス眼症とも呼ばれるものですが、PCや携帯、ゲームなどを長時間することで起こるものです。VDT症候群は目以外にも体、精神的な部分に影響を与える病気の事です。

PCを長時間使う方は、ドライアイになったり、近視が進むことがあります。長時間も限度を超えると、はきけやめまいなどの症状が出ることもあります。ある女性は、会社の残業続きが月100時間を超えるPCワークで、吐き気に襲われ、病院で点滴となりました。

VDT症候群となると、肩や首が凝り、全身のだるさ、手のしびれなどの症状の他にも不安感やイライラなどのうつ症状が出こともあります。VDT症候群の対策は、長時間PCを利用する時も、1時間おきに10分ほどの休憩をとったり、時々PCから離れ深呼吸や軽い伸びをして運動をしたり、景色を見ることなのです。

ほんの少し目と体を休めるだけで、VDT症候群を防ぐことができます。例えばトイレに言って軽く体を動かすとか、外で空を見たり!少し身体に休息を与えてあげましょう。仕事でパソコン中心の生活の方は現代とても多いですね。適度なスポーツや適度な運動を心がけましょう。

運動をすると気分が明るくなる物質が体内で作られるので、不思議と前向きな明るい気分になるものです。VDT症候群かも!と少しでも感じたら眼科へ行って相談することをおすすめします。VDT用の点眼薬、飲み薬などが処方される場合もあります。

あとは血流を良くすると疲労が抜けるので蒸しタオルで暖めるのも効果的です。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ