冷・温パック | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

冷・温パックを使って疲れ目解消

目の疲れを改善するのに冷やしたり温めたりするといいというのは、一般的によく言われることです。

目を冷やしたり温めたりするのによく利用されるのが、「冷・温パック」を利用した方法です。とてもシンプルな方法なので、毎日行って目の疲れを解消していくといいでしょう。

はじめに、血行不良がきっかけとなって起こるショボショボする目の疲れには、温パックが有効とされています。

パソコンやテレビを長い時間見たり、読書に集中していると、目周辺の血行が悪化してショボショボとした状態となってしまいます。このタイプの疲れ目になったら、ほどよい温かさのお湯でしぼったタオルを目にかぶせましょう。パックによって目周辺の血管が広がって、血行がよくなります。

それから、目の炎症によって充血が見られる場合は、冷パックがいいと言われています。氷水につけてしぼったタオルを用意して、目にかぶせていきます。冷パックを行うことで炎症した目がクールダウンして、症状を緩和することができるはずです。

氷水の用意が困難なようなら、水で濡らしたタオルを冷蔵庫に入れておくだけでもいいでしょう。

場合によっては、ショボショボした目の疲れと、充血が同時に発生することもあるかもしれません。そういった場合は、温パックと冷パックを交互に行うといいとされています。順番に温めたり冷やしたりすることで、目の疲れがやわらぐことはもちろん、気分もリフレッシュできるはずです。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ