家庭環境 眼精疲労 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

家庭環境を見直す

気にしていない人がほとんどですが、家庭の環境も目の疲れと切り離せない要素だと言えます。たとえば暗い部屋で細かい作業をしていると、疲れ目が生じやすくなります。部屋は明るい方が望ましいですが、難しい場合は部分照明などを利用して目に負担がかからないようにすることが大切です。

テレビは眼の位置よりも低い位置に設置

家でテレビをよく見るという人は、その方法についても見直してみるといいでしょう。目の疲れを引き起こさないためには、長時間連続でテレビを見るのは控えることが大切です。適度に休憩を入れるようにし、目が疲れないように気をつけましょう。

テレビを見上げるような姿勢で、見ている場合は要注意です。その状態だと涙の蒸発を促してしまうため、軽く見下ろすような体勢をとって、テレビから適度に離れるようにしましょう。

また、寝転がった状態でテレビを見ているという人がいるかもしれませんが、それもやめた方がいいでしょう。楽な姿勢ということで横になっているのかもしれませんが、実はこの体勢は肩こりを生じやすいと言われているのです。リラックスしながらテレビを見たいという人は抵抗があるかもしれませんが、できるだけ背骨をまっすぐにして座っていた方が体への負担は少なくて済みます。

お部屋の乾燥も疲れ目を引き起こす

それから、乾燥した部屋で過ごすのも目の疲れを引き起こす要因となってしまいます。加湿器を置いて適度な潤いを保つなどして、環境を整えることが大切です。新鮮な空気を保つことも目の疲れ対策として効果的なので、定期的に換気することも重要です。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ