疲れ目 症状 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

疲れ目と眼精疲労とは違う

眼精疲労というのは疲れ目とちょっと違うのですが、一晩寝たらスッキリするのは単なる疲れ目で、目を休息させても疲れを感じる場合には眼精疲労といえます。
疲れ目から眼精疲労に発展していくと症状として頭痛や目の充血、吐き気、めまいなどが出ることもあります。こうなると、睡眠を十分に取ることが一番の薬になります。

また、頭痛の症状が続くようであれば眼科に一度見てもらう方が安心でしょう。

眼精疲労の諸症状

眼精疲労を起因として様々な体の不調が引き起こります。
典型的には目の疲れや、目のかすみ、ぼやけて見えたり、ドライアイになったり、目やにが出たりというものです。

良くあることなので放っておきがちですが、なるべく早い段階で疲れ目を取る処置をしないと視力の低下にも結びついてしまいます。


対処方法「目薬」

疲れ目の症状がでた場合、まず一番お手軽なのは目薬です。
目薬も使いすぎると逆にドライアイを誘発したり、目が弱くなる可能性もあるのでほどほどに使う必要がありますが、疲れ目にビタミンB12(シアノコバラミン)が含有された「赤い色をした目薬」が有効です。

逆にあまり適していないのはミント系というかスッキリ爽やかな清涼感のある目薬はドライアイになる可能性があり、極力使わない方がよいので注意してください。

様々な対処方法

他にはサプリメントも有効に使いたいところです。
目を使うと活性酸素が出るため、抗酸化作用のある成分が入ったサプリがよいでしょう。

一般的なのはブルーベリー(ビルベリー)やルテイン、メグスリノキ、ビタミンC、ビタミンBあたりです。

スーパーブルーベリーアイや、リメイクのルテイン、小林製薬のメグスリノ木、ネイチャーメードのビタミンC、アリナミンEXやキューピーコーワiに含まれるビタミンBあたりを併用するのがよいです。

一言で疲れ目といっても対処方法は様々あります。

今回紹介したサプリメントや目薬、医薬品などの他にオススメなのは電子レンジで蒸しタオルを作って目や首元などを暖めることです。

結局は血行不良でロドプシンの再結合の働きが悪くなったり、酸素が目に行き渡らなくなることで乳酸がたまって疲れ目となるので、蒸しタオルで血行をよくするということが重要です。

他にはツボなんかもあるのですが、案外おすすめなのが肩の運動です。

肩を5秒間くらいいかり肩状に上げて、ストンと落とすという動作を数回繰り返すと肩から首にかけての血行が改善されるため、目にも血液が回るようになって疲れ目解消になる場合もあります。

他にも遠くをリラックスして見るのも有効で、疲れ目・眼精疲労には様々な対処方法がありますので色々複合的に試してみると良いでしょう。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ