ブルーベリー 目に良い | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

ブルーベリーがもつ力

ブルーベリーはよく「目に良い」と言われます。実際ヨーロッパのいくつかの国(イタリアやフランスなど)および韓国ではブルーベリーを医薬品に認定しているほどです。
なぜブルーベリーが目に良いと言われているかというと、ブルーベリーに含む「アントシアニン」という紫色をした色素が目の網膜にあるロドプシンの再合成を活発にする働きがあるからです。

私たちはロドプシンによって物を見えると認識しています。目に見えたものを脳に信号を送るのがロドプシンなのです。

ロドプシンは光が当たるとビタミンAに一度分解され、その後またロドプシンに再合成されるのですが、目を酷使することでこのロドプシンの再合成が必要量に追いつかないことがあります。

このロドプシンの再合成を助けるのがアントシアニンというわけです。

また、アントシアニンは抗酸化ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用が高いことも科学的に示されています。

目や脳は酸素を非常に多く消費する器官なので老化の原因となる活性酸素を多く発生させます。だから目は疲労しやすいのです。

アントシアニンは随時発生する活性酸素を抗酸化作用でお掃除してくれる働きをもちます。

このアントシアニンですが、1964年Jayle & Anbertによる臨床実験の結果によると、投与のあと4時間後が最も働きが良く、24時間後には効果は解消されると発表されています。

よって毎日朝飲むのが合理的といえます。

またアントシアニンの抗酸化作用はビタミンCと共に摂取することで飛躍的に増加するとも言われています。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ