アントシアニン含有量が多いブルーベリーサプリ | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

アントシアニンの【実質含有量】で選ぶならコレ! 【アントシアニン部門BEST3】

1位 わかさ生活 スーパーブルーベリーアイ

実質含有量320mg
北欧産ビルベリーを使って、わかさ生活の技術でナノ化したナノビルベリーを160mg配合。ナノビルベリーの吸収率は2倍なので実質320mg相当のビルベリーが摂れると考えられます。これは、やわたの北の国からのブルーベリーより120mg多い換算となります。

2位 やわたの北の国からのブルーベリー

実質含有量200mg
北欧産ビルベリーを200mg使用。
吸収率の違いなんて信じられないという場合には単純にビルベリー含有量が多いこのやわたのブルーベリーを選ぶと良いでしょう。

3位 えがおのブルーベリー

実質含有量187mg
特許製法のミルトアルゴスにより抽出したビルベリー125mgを配合。
ミルトアルゴスで吸収率が1.5倍になるので187mg相当の考えることができます。

アントシアニンはもともと吸収率が低い。だから吸収率対策がポイント

ブルーベリーが目に良いとよく聞くと思いますが、これはブルーベリーに含まれる色素成分「アントシアニン」は抗酸化作用の強い成分で、目を使うことで発生する活性酸素を除去することで目のサビつきを予防したり、網膜に存在する光の情報を脳に届けるロドプシンの再合成を促進する作用があるためです。

このアントシアニンですが、実は消化管からの吸収率がおよそ1%程しかないと言われており、単に含有量を増やすだけでは限界があるため各社吸収率を上げるために色々と研究を続けているのです。

わかさ生活では2010年12月03日のプレスリリースにて、ビルベリーエキスの超微細化(ナノ化)の技術で特許を取得(特許第4606444号)したことを発表して頭一歩抜け出した感があります。従来の2倍の吸収率になるそうです。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ